読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザイナー崩れは今日も生きている

このブログの更新が止まった時が、食っていけなくなった時

(笑)を使いこなせる人への嫉妬なのかもしれない

日常記録

友人と居酒屋とバーを周り、最後はラーメンで〆た。
時刻はすでに3時半。最寄り駅まで2人でタクシーで帰り、お互いの家の方向に分かれるまでの道のりを歩く。彼とはたまに添い寝するが、肉体関係には至らない。

「帰ります?添い寝していきませんか?」と、誘ってみたものの、
「理子さん、フローリングにシングルサイズの布団で寝るから、いつも僕はみ出しちゃって寒いんですよね。もうちょい暖かくなったら通いますよ」
と、断られる。寒い時期だからこそ添い寝が欲しいが、風邪を引かせてもかわいそうなので解散。散々、セックスの話だの1回あたり1000字程度に及ぶ妄想官能小説を日々LINE送り合っている仲なのに、大概敬語。

「彼に"このビッチが!"と罵られたらどんなに興奮するだろうか」と考えながら、適度な距離感を保ち、体以外の部分でイチャイチャできる関係がたまらなく良い。これは、お互い30歳以上で経験を積んだモノ同士だからこそ成り立っていると思う。いや、別に私も彼も異性に対して経験豊富とかそういう事ではなく、他人とも友人とも恋人とも、人間関係はガツガツせず、適度な距離を置く大切さみたいなものを習得し、そこそこ孤独と向き合ってきたもの同士の神秘的な関係のように感じているのだ。深くなりすぎず、浅くなりすぎず、添い寝をしてもそれ以上は何もない関係。もしかすると、私が女としての魅力がないだけかもしれないのと、彼の友人と関係を持った事があるために、「あいつと兄弟になりたくない」と切に願っている可能性もある。または、何か病気を持っていると思われている可能性もある。一度関係を持つと重い女になるというのがバレている可能性もある。もしくは、彼が立たない可能性もある。それも含め、「なんで二人がそれ以上の関係に行かないのか」という題で連想ゲームしながらふざけあっているのもまた良い。

彼のLINEには、よく(笑)が使われる。普段会話していても、wwwではなく、wでもなく、笑 でもなく、(笑)の感じをよく出すのだが、ここまで嫌な感じなく、爽やかに(笑)を使いこなせる人を、彼以外に見たことがない。
基本的に、パブリッシングされている文章中の(笑)はあまり好きではない。(一同笑)のような、状況を表すのはまだ嫌ではない。
照れて(笑)を使っている場面においては、覚悟が足りねえんだよ!と無駄に突っかかってしまうし、ニュアンスを柔らかくする意味合いで(笑)を使うのであれば、そこを柔らかくする意図はなんだ?自分が嫌われたくないからなのか?編集者が後から(笑)を付け足したのか?などと、深読みしすぎてその相手も編集者も嫌いになりそうになってしまう。しかし、彼の(笑)は、柔らかくて、(笑)がよく似合う。深い意味を全く持たないからだと思う。

彼は女に興味がないのかもしれない。
「そろそろカミングアウトしてくれても良くないですか?」とか、「なんでバレンタインデーに男2人でニューハーフの店に行ってるんですか?」とか、「そのヒゲの生やし方は、女より男ウケを狙っているでしょう?」とか、「何年も付き合っている彼女とは、一体いつ会っているんですか?」とか、突っ込んでも、その部分の回答は(笑)で済まされる。今後彼の人生がどうなり、誰と付き合い、誰と結婚するかわからないけど、彼の幸せを切に願ってしまう。
では、そろそろ寝ます(笑)